玄関収納の激安ショップ

玄関収納はネット通販が激安です。
「楽天市場」の激安ショップは見逃せません!

玄関収納を激安で!

玄関収納など家具類は身近の家具量販店などで

サイズや使い勝手など現品を確認して購入するのがベストですが

ネット通販では品質も良く激安のお買い得品があります。

通販サイトといえばまずは「楽天市場」ですネ!

下駄箱・シューズラックや玄関ラック収納など
丹念に見ていくと激安でビックリする掘り出し物が見つかりますヨ!


 ▼ 購入者の評価やレビューの多い順にピックアップしています ▼

玄関収納 激安

玄関収納 激安のレビューランキングを全部みる

下駄箱

下駄箱のレビューランキングを全部みる

スリッパラック

スリッパラックのレビューランキングを全部みる

シューズラック

シューズラック のレビューランキングを全部みる

コートハンガー

コートハンガー のレビューランキングを全部みる
楽天ウェブサービスセンター

どこに、どう置くか?整理・片づけの公式

 私は、行きつ戻りつ、自分の家の整理・片づけをしながら実行してきたことを”5つの項目”にして、さらにどの順で実行すれば一番効率がよいのかを考えました。それが整理収納の基本ともいえる「物が片づく5つのステップ」です。片づけ上手と言われる人は、無意識のうちに、常にこれらを実行しているのです。

 実に単純ともいえるこのステップが自分以外にも、どんな場所でも適用できるものなのかを確かめるために、さまざまなケースで実践した結果、オフィスでも、一人住まいの住宅の玄関やリビングでも、大邸宅でも当てはまることを確信したのです。

 このステップは、たとえて言うなら、公式です。この公式にそれぞれ個別の数字(性格、価値観、建物、玄関収納や間取りなど)を当てはめ計算(実行)すれば、回答(整理収納)が得られます。

 人任せで答えばかり先に知ろうと考えていては、いつまでたっても収納上手になれません。必ず、自分で実践してみましょう。

 こうした経験に基づき、その人にとって一番無理のない整理収納をお教えする仕事として「収納カウンセラー」は生まれました。

 「物が片づくステップ」を図式化すると次のようになります。整理がうまくいかない場合は、この5つのステップのどれかに問題があります。いくつか例を挙げてみましょう。

 ◇スペースに対してとにかく物か多い

 広い住まいに引っ越しでもしない限りスペースそのものが大きくなるということはないのですから、STEP-1とSTEP-2のモノを減らす方向で考えなけれぼなりません。

 ◇クローゼツトを整理してもすぐごちやごちやになってしまう

 STEP-2で不要品をチェックしてSTEP-4で棚を付けたりするなど、入れ方の検討が必要となります。

 ◇脱いだばかりの服を、一時掛ける場所がない

 脱いですぐの服は湿気と体温が抜けるまで、タンスなどに入れる気がしません。その一時置き場(掛ける場所)がない場合です。これはSTEP-3の置く位置を決める必要があります。

 「捨てられない!」だけが原因のこともあります。その場合、STEP-1と2の実行で物に対する意識が変わり、それだけで片づけ上手になったというケースもあります。

 このように、うまくゆかない原因がどのステップにあるのかを知ると、解決の糸口がつかめます。そして、該当するづアップから次のステップに頓に実行していけぼいいのです。

 「物が片づくステップ」を確実に実行するようにしてからは、わが家の部屋が散らかるということはしばらくの間ありませんでした。しかし、子供たちが春休みになり新学期を迎えるころになると、何となく家中が雑然としてきたのです。

 玄関やリビング、子供の部屋は、モノの量が確実に増えています。理由の一つは、新年度に入ってから使う新しい教科書や学用品が新たに加わったことです。玄関収納はすぐにいっぱいになります。

 「物が片づくステップ」は、一度実行すれば後は安心していればいい、というものではないのです。

 当然のことですが、人の生き方、暮らし方は変化します。その節目や転換期に、もう一度STEP-1からSTEP-5を実行しなければならないことがわかりました。さらに何となく片づけにくく散らかりがちになったときも、「物が片づくステップ」を繰り返すように心がければ万全です。

 このように私は、これら5つのステップのリピートを含めたものを、「整理収納システム」と考えています。

 雑誌の収納の特集で、整理をする前と後、Before&Afterの写真が載っていることがあります。それは、「物が片づくステップ」 のSTEP-4入れ方を決めるの部分にあたります。

 雑誌の写真と自分の入れたい物、入れたい場所がほとんビ同じ場合は、とても参考になるでしょう。しかし同じ引き出しでも深さが違えば、同じ物を入れるにしてもたたみ方が違ってくるように、少しでも状況が違っていればそっくり真似するというわけにはいかなくなります。玄関先は各家庭の状況でいろいろです。

 玄関収納などで雑誌や本を参考にするときは、その裏づけになっていることまで読み取らなければならないのです。

 私のところに相談に来られる方が、よく、こうおっしゃいます。「整理・収納と表紙に書いてある本を見ると引きつけられるように買ってしまいます。何となくそれだけで、きれいに片づくような気がしてしまうのです」

 整理の「裏づけ・理由」を読み取り、応用する能力がない限り、Aflerの写真は、あくまで○○さんの○○の部分の収納の「答え」でしかないのです。本を何冊買っても思うよぅに片づけられなかった理由はここにあります。

 整理収納システムなどというと、理屈っぼく遠回りのようですが、この本を手にされたことをチャンスと思い、自分で答えを出せる収納の能力、「玄関収能」を身につけていただければ幸いです。

Copyright(C)2013 玄関収納の激安ショップ All Rights Reserved.

口座開設の流れ