激安ショップへどうぞ
★売切れが続出中。
早めのご予約、お勧めします!

お勧め家具市場の新製品
家具市場
アウトレット激安お買得品
アウトレット
リサイクルお宝家具発見
リサイクル
TOPに戻る調理器具やレシピの収納・整理シンク周辺の片づけ「引き出し式」食器棚収納法

シンク下の配水管がジャマでも収納カアツフする方法。

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】

 シンクは水を使う場所。だからシンク下には水に関係するモノ、たとえば味噌汁用の鍋、ボウル、ざるなどを収納すると作業効率がアップします。
 ただ、収納のネックになるのがドーンと鎮座する配水管。これをうまく避けることで収納面の使い勝手をアップさせましょう。大きな棚を入れるより、コの字ラックを配水管の左右に2台設置して棚を作ると手軽です。その際、シンク下の幅いっぱいの棚を設置すると、背の高いボトル類などがしまえなくなるので要注意。背の高いモノの収納用の場所を確保してから棚を設置しましょう。棚の下に入れるモノは床面に直置きはせずに、プラスチックのカゴやトレイに載せて収納すること。取り出すときに一つひとつ動かさなければならないと面倒だし、掃除もおろそかになりがちです。

手の届きにくい吊り戸棚をうまく使うには。

 吊り戸棚の上のほうは手が届きにくいものです。では吊り戸棚の棚板の位置はどうなっていますか? 可動式の棚板ならば、位置を下げてみると手が届きやすくなり、使い勝手がよくなります。
 また、棚板を1枚か2枚抜いて大きな空間のストッカーとして活用する手もあります。その場合、缶ビールの空き箱などで縦に仕切って使うのがオススメ。 箱の下にヒモで持ち手をつけるとスッと引き出せます。このストツカーは乾物やふきん類のストックなど、比較的軽いモノの収納に適しています。粘着シートなどで箱をカバーすると見た目もグッド。

冷凍庫内は食品をグループ分けしてカゴ収納。

 引き出し式の冷凍庫は探さがあるので、食品がゴチャゴチャになってしまいがち。
 目当ての食品を求めて、全体をゴソゴソ探していると、引き出しを開けている時間が長くなって電気代にも影響大です。 また、冷凍庫の中身が把握しつらく、ムダな買い物につながることも。そこでオススメしたいのが肉、魚、加工食品といったグループに分けて、立てて収納すること。これで取り出すときに迷いません。
 さらに見やすく選びやすくするなら、肉、魚、加工品は買ったときの白いトレイから出して、アルミのバットにラップを敷いた上に載せて冷凍後、空気を抜きながらジッパーつきビニール袋に移し、プラスチックのカゴに分類して立てて保存します。 冷凍すると中身の見分けがつきにくくなるので、ピニ−ル袋にはマジックで食品名と日付を書いておくと、あとあと便利。使うときに、「あれ? これは牛肉だっけ? 豚肉だっけ?」などと迷うことがなくなります。
 自分で作った料理を冷凍するときも、ジッパーつきビニール袋に入れて内容と日付を書くようにしましょう。手作りのものは全部まとめてカゴに入れておきます。
 箱入りの冷凍食品などはブックスタンドやプラスチックのケース、カゴなどに立て て定位置を作りましょう。さらに開封したものは食品の種類に関係なく、別の定位置に入れるようにします。未開封のものと紛れないし、先に使うものがどれかが判断できるところがこの方法のメリットです。

冷蔵庫側面にマグネットでラツプ類を収納できる。

 ラップやアルミホイルは冷蔵庫側面に定位置を作ることができます。
 ホームセンターで手に入るマグネットつきのラップホルダーを使ってみましょう。  モノによってはペーパータオルや箱入りティッシュまでセソティング可能に。 調理中など、使いたいと思った ときにサッと取れるので、なかな か便利です。

まず食器を全部出してみることが食器棚収納の第一歩。

 食器棚はしまいかたを考えないとゴチャゴチャになり、使いにくさや収納量のダウンにつながってしまいます。「収納量アップ」に重点を置くなら、押さえておきたい基本ポイントは「同じモノを積み重ねる」「同じ高さのモノをまとめる」です。
 まず食器棚から食器をすべて出して、茶碗、お椀、お皿、小鉢、グラスなど同じ食器同士 をまとめます。次にそれらを高さ別にグループ分けし、同じ高さのグループを棚の同じ段に入れます。それぞれのグループの高さに合わせて、棚板の位置を調節していくと、収納量が大幅アップします。

食器棚の収納スペースを増やすコの字ラック活用法。

 スペースの都合上、違う種類のお皿を重ねざるを得ない場合、下のお皿を取り出すのに上のお皿をいちいちどけるのが、けっこうストレス。
 そこで食器棚用のコの字ラックを活用すると、下になったモノの出し入れがスムーズになります。各種サイズが あり、食器に合わせて高さを選べば、一段をいくつかの違う高さに分けられ、収納量を増やせます。必要な場所に棚を増やせるので、収納スペースが広がります。

TOPに戻る前へbox9次へ