激安ショップへどうぞ
★売切れが続出中。
早めのご予約、お勧めします!

お勧め家具市場の新製品
家具市場
アウトレット激安お買得品
アウトレット
リサイクルお宝家具発見
リサイクル
TOPに戻る食器棚の整理やゴミ箱の工夫調理器具やレシピの収納・整理シンク周辺の片づけ

タオルハンガー2本で戸棚下にまな板ホルダー完成。

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】

 キッチンの収納場所に困りがちな、まな板の定位置を簡単に作れるワザです。用意するのはねじ式のタオルハンガー2本。これらを吊り戸棚の下の手前と奥に平行に取り付ければOK。
 タオルハンガーを選ぶポイントは、タオルをかける部分にまな板が収まるもの、まな板の重量を支えられるねじ止め式のものを選ぶことです。

吊り戸棚下につける手作りレシピホルダー。

 吊り戸棚下にスイングフック(フックの部分が前後に動くもの)を2個取り付け、ぶら下がったフック部分のそれぞれにダブルクリップのつまみ部分をかけます。たったこれだけでレシピホルダーが完成!
 見たいページを開いた料理本の左右をクリップに挟んで使います。使わないときはレシピもクリップもはずしてしまえばスッキリしてスペースも取りません。それに何より市販のレシピホルダーよりも断然安上がり。また レシピ料理をしている目線のやや上の高さですが、ちょうど調理台の上なので作業をしながら見やすい位置に。ガス台からも近く、味つけの分量の確認にも便利。また、吊り下げているので調理台の上をレシピが占領せず広く使え、調理中レシピが汚れるのを防ぐメリットもあります。

ビニール袋で引き出しを分ければ調理器具の使い勝手が大違い。

 しゃもじや菜箸、泡立て器などの調理器具は、調理台下の引き出しに入れると、使う場所と収納場所が近くて便利。でも、ただ放り込んだままだとゴチャゴチャして取り出しにくくなってしまいます。
 そんなときは、「あまり使わないモノ」「ときどき使うモノ」「よく使うモノ」に分け、よく使うモノ以外はビニール袋に入れて、引き出しに入れます。使わないモノをビニール袋に入れただけでも、使い勝手が大違いです。

力トラリー収納は「仕切り」が使いやすさの秘訣。

 カトラリーの収納は「仕切り」がポイント。空き箱で手作りしてもOKです。
 ただし入れるモノに対して仕切りが大きすぎると仕切った意味がないので、ちょうどいい大きさのモノを作ることが大切です。入れるモノよりちょっとだけ大きめが使いやすいので、入れるモノのサイズプラス1cmを目安にするといいでしょう。

お玉やフライ返しはラップの空き箱でスツキリ収納。

 煮たり炒めたりに使うお玉やフライ返しは、ガス台下の扉裏にしまうのも一案。そこで役立つのがラップの空き箱です。
 作りかたは簡単。まず片側の側面を一つ切り取ります。次に刃を取り除き、刃があった部分に両面テープを貼って、ふたを固定します。これをガス台下の扉真に両面テープでしっかり貼りつければで き上がり。お玉などの頭をずらして固定すればぶつかりません。収納するモノの数に合わせて数個 作ってみてはどうでしょう。
 ホームセンターで売っている粘 着シートを貼れば強度も得られ、 見た目も合格。

お気に入りのレシピはファイルする習慣を。

 早速マネしたいおいしそうなメニューなど、雑誌の料理ページには心ひかれるレシピがたくさん。でも雑誌を何冊もキッチンに置いておくスペースはなかなか取れません。必要なレシピは切り取ってファイルに入れる習慣をつければキッチンはスッキリ。必要なときすぐに見つけられるのも利点です。

未使用のスポンジ頬はジッパーつきビ二−ル袋にひとまとめ。

 毎日は使わないスチールたわしはからまるので、流しの隅にココットなどを置いてそこを定位置に決めて収納。カットしたメラミンスポンジも入れておくと、蛇口まわ りなどの細かい部分の汚れをサッと落とせるので便利です。
 買い置きや粗品の未使用スポンジ類はジッパーつきビニール袋にひとまとめ。バラバラにならず在庫がひと目でわかるので、同じようなスポンジを新たに買ってしまう失敗もナシです。

乾物はA4サイズのファイルで作るストツカーにまとめる。

 乾物や袋入りの調味料をひとまとめにストックしている人は多いと思いますが、「乾燥ワカメを新しく買ってきたら、使いかけが何袋も出てきた」なんてことはありませんか?
 こんな失敗は身近な文房具を使って回避できます。その際活躍するのが A4サイズのファイル(クリアポケットなし・表紙だけのもの)。
 まずファイルの背表紙を下にして開き、表紙で乾物の袋を挟むようにしてダブルクリップでとめます。同様にしてほかの乾物もファイルにとめていきます。これらのファイルが入るサイズのケースを用意して、立てて入れれば、量が少なくなった小袋も埋もれず保管できます。ファイルで種類別にしたり、ダブルクリッ プにカラーラベルを貼って色別に分けて乾物の名前を書いておけば何があるかすぐにわかり二重買いを防ぐことができます。 最近は、ジッパーつきの袋に入って売られている乾物も出てきているので利用すると便利です。

TOPに戻る前へbox8次へ