激安ショップへどうぞ
★売切れが続出中。
早めのご予約、お勧めします!

お勧め家具市場の新製品
家具市場
アウトレット激安お買得品
アウトレット
リサイクルお宝家具発見
リサイクル

TOPに戻る押入れのスペース作り押し入れの通気対策部屋をスツキリ

押し入れの通気対策には壁沿いにすのこを入れる。

≫何でも売っちゃオ!
≫片づけられない方。お任せください!
リフォームや引越しも格安予算のプランをご提案【オールサポート】

押し入れは湿気がこもりやすい場所でもあるので
あまり詰め込みすぎると通気性がなお悪くなり
カビなどの問題が発生することもあります。
いくら除湿剤を人れても、モノがありすぎると効きにくくなります。
収納量を減らしましょう。減らしたついでに、さらに押し入れの
壁沿いにすのこを設置してみて、壁とすのことの間に
空気が通るので、湿気対策になります。
より一層湿気のたまりやすい梅雨の時季には
押し入れの戸を開けて換気をしましょう。
その際は必ず両方の戸を開けること。
扇風機を使って風を送り込むと、中の湿気を効率よく除けます。

天袋の荷物がガゼン取り出しやすくなるヒモ活用法。

天袋は出し入れのしにくい収納場所ですが
普段あまり使わないモノを収納するのには適しています。
たとえばクリスマスツリーなどの行事関連の品や
たまにしか観ないけれど取っておきたいビデオや本、アルバムなど。
旅行カバンなビ使用頻度の少ないバッグ類を
入れるのにもいいでしょう。
さて、天袋には箱を使って収納することが多いものですが
奥行きを十分に活かすなら、箱を前後に2個並べて収納しましょう。
ただ、奥にある箱を取りたいときには手前の箱を出さないと
取れないという点が、あまりにも不便ですよね。
そこでヒモの出番。奥の箱にヒモをつけて
手前にたらしておき ましょう。手前の箱にはヒモは不要。
奥の箱を引き出したいときはヒモをそのまま引っ張るだけ。
すると手前の箱もスーツと一緒に出てきて、とても便利。

TOPに戻る前へbox73次へ