激安ショップへどうぞ
★売切れが続出中。
早めのご予約、お勧めします!

お勧め家具市場の新製品
家具市場
アウトレット激安お買得品
アウトレット
リサイクルお宝家具発見
リサイクル

TOPに戻るDMは受け取り拒否古新聞や雑誌は捨てる買わないのも片づけ

情報源にならない古新聞や雑誌は捨てる事でスッキリ片づけ

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】
≫お部屋片づけブログ≫激安家具でお部屋の整理整頓紹介します

 すでに読んでしまった新開や雑誌なら、必要な箇所を切り取ってファイルに入れるなどすればすんなり捨てられるけれど、問題はまだ読んでいないものについてです。

 毎日忙しく過ごしていると、新聞や雑誌を開く時間はどんどん侵食されていってしま いますね。そんなとき、どんな心理状態になるでしょうか。

 この新聞にも雑誌にも何か自分に役立つ情報が載っているのではないだろうか。雑誌はお金を払って買ったという意識があるし、捨てにくいな。別にいいじゃない、取っておいても腐るものではないし‥‥。
ほんとうにそうでしょうか。新聞や雑誌は腐りませんが、そこに載っている情報は”腐る”ものです。

 ちょっと考えてみましょう。 ニュースなどの情報は、いつのものが一番欲しいですか?昨日の出来事よりも今日の出来事のほうが知りたいとは思いませんか?

 新聞がたまって早く読まなければと気が急いていたとします。そんなとき少しだけ 新聞を読む時間ができたとしたら、最初に手に取るのはいつの新聞でしょうか。新し い新聞ですよね。連載小説の話の行方が気になるときなど以外は、古い新聞から先に 読むという人はいないはずです。

 もう一点考えてみましょう。
 新聞を古いものまで読む時間がこの先とれるかどうか。こう考えると捨てる方向へ 頭を切り換えやすくなります。普段、新聞が読めないほど忙しく日々を過ごしている人に、古新聞を読む時間はないはずです。
 また、情報の価値は新鮮な内容にあります。古新聞や雑誌は情報源としての価値 は低いでしょう。

 どうしても捨てにくいなら保存期間を決めてはどうでしょうか。1カ月や2カ月な ど期限を設定して、それを過ぎたら処分するようにします。
 今はインターネット上でさまざまな情報を知ることのできる時代なので、必要な情報は検索して入手すればいいと割り切るのも一つの方法です。

TOPに戻る前へbox40次へ