激安ショップへどうぞ
★売切れが続出中。
早めのご予約、お勧めします!

お勧め家具市場の新製品
家具市場
アウトレット激安お買得品
アウトレット
リサイクルお宝家具発見
リサイクル
TOPに戻る収納スペースにする発想衣類の引き出し収納の極意クローゼットの収納量が増やせる

引き出しケースの高さに合った衣類をしまえばピックリ収まる。

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】

 引き出しケースの高さによって入れる衣類を考えていますか?
 高さ18cmの薄型にはTシャツ、下着類、靴下などこまごましたモノを収納。高さ23cmの中型にはセーター、トレーナー、ジーンズなどボリュームのあるモノを。高さ30cmの探型には厚手のかさばる衣類を人れます。これで紛れ込んだり、はみ出したりが解決できます。

重ねる収納は手間がかからない。

 服を引き出しに立てて並べるメリットは、中身がひと目でわかりやすく収り出しやすいこと。しかし、立てるために引き出しの探さに合わせて折る部分が多くなり、立てた服の間に押し込めるようにしまうのも面倒。
 手問をかけずに収納するなら、簡単にたたんで重ねるだけにするのも、家事をラクにする選択の一つです。

衣類の引き出し収納の極意、「小さいモノは上、大きいモノは下」。

 大中小のサイズを積み重ねて使う引き出しケースは、小さい(浅い)ケースを上、大きい(深い)ケースを下にして重ねます。上段の浅いケースにはゴチャつきやすくまめに整理したい下着や靴下などの小さなモノを人れます。腰をかがめずにすむので便利。逆に下段の深いケースには、整理しやすいトレーナーやズボンなど場所を収るモノを。引き出しの高さもあるので少々かがむだけで取り出せます。

ティッシュの空き箱で引き出しを仕切ると便利。

 引き出しケースに下着や靴下など細かいモノをしまうと、いつしかゴチャゴチャになってしまうことも。では、そうならない予防策を講じましょう。
 用意するのはティッシュの空き箱です。それほど厚い紙でできてはいないので、ふたをカットして内側に折り込み、ガムテープなどでとめてフチを補強しましょう。それを引き出しの大きさに合わせて好きな個数入れるだけで「仕切り」は完成。快適に収納できます。
 ティッシュの空き箱活用は使い勝手もさることながら、どこの家でもあるモノなので「仕切る」ために特別何かを買ってきたりしなくていいのがメリットです。

衣替えをラクにする引き出しケース収納のコツ。

 奥行きのある引き出しケースは、奥にしまった服を取り出そうとすると全部引き出さなければなりません。この一見デメリットな形状を使いこなしましょう。手前には今の季節に着る衣類、引き出しの奥にはオフシーズンの衣類をしまいます。死蔵品を作ることなく奥まで活用でき、衣替えの際は前後を入れ替えるだけでラクチン。

積み重ねタイプの衣類用引き出しケースで収納空間をアレンジ。

 引き出しケースには、何段かの引き出しが一体になったタイプと、引き出しを自分で重ねて使うタイプがあります。一体型の引き出しの探さは各段同じである場合が多いのに対して、積み重ね型の一般的な高さは薄型18cm、中型23cm、深型30cm。おススメは積み重ね型で、これらを衣類やスペースに応じて組み合わせれば空間を有効活用できます。

ズボンの収納には市販の段ポールシートを利用。

 ズボンをたたんで重ねて収納する場合、下になっているズボンを取ろうとすると全部のズボンがグチャグチャになることがあります。
 シワになったズボンにアイロンをかけるのは手間だし、下のズボンを取るたびに全部を整理するのではあまりにも面倒で時間のムダ。そこでいい方法があります。文具店などで売っている段ボールシートを引き出しよりひと回り小さく切って、重ねてあるズボンの間に1枚ずつ入れてズボンの間に仕切りをつけるのです。
 ズボンを取り出すときは、出したいズボンの上のシートを持ち上げて下にあるシートごとズボンを取り出せばOK。ほかのズボンが グシャッとなりません。ズボンと一緒に取り出したシートは一番上のズボンの上に置き、履いた後のズボンをその上に戻します。

TOPに戻る前へbox23次へ