激安ショップへどうぞ
★売切れが続出中。
早めのご予約、お勧めします!

お勧め家具市場の新製品
家具市場
アウトレット激安お買得品
アウトレット
リサイクルお宝家具発見
リサイクル
TOPに戻るクローゼットへの衣類収納収納スペースにする発想衣類の引き出し収納の極意

服の丈を揃えて吊るすと新たな収納空間が生まれる。

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】

 クローゼットは高さのある空間なので、吊るした洋服の下も有効な収納スペースにすることができます。ただ、丈の長い服と短い服が交ざった状態で吊るしてあると、秋きスペースは一番丈の長い服の下部分だけになり、これでは下の空間がムダになってしまいます。
 「ワンピース・コート→パンツ→ジャケット→ブラウス・シャツ・スカー ト」といったように洋服の丈を揃えて出せば、とくに短い丈の服の下には人きめの収納スペースが出現するので、引き出しケースやラックを置くなどすれば、服やバッグをある程度まとまった量、収納できます。
 丈を揃えた状態を維持するには、長さごとにハンガーの色や素材を変えれば一目瞭然ですが、服の種別の境い目部分のバーに洗濯ばさみやリボンで目印をつけるのもカンタンな方法です。

ジャケットやコートをたためば吊るすスペース増。

 クローゼットの吊るすスペースには限りがあるので、洋服がかかりきらず困ることがありますね。 服はたたむよりも吊るしたほうが見やすくて取り出しやすいのですが、スペースが足りないなら発想の転換をしましょう。
 オフシーズンのコートや普段あまり着ないジャケットをハンガーパイプからはずして、たたんで収納するのです。そうすればその分が空きスペースになるというわけです。
 コートやジャケットは吊るしておくモノという固定観念を捨てれば、クローゼットの収納は断然ラクになりますよ。

すき間テープ+ハンガーで薄手の服がすべり落ちない。

 素材がテロテロしたシルクのブラウスや薄手のカーディガン、襟ぐりの大きなトップスはハンガーからすべり落ちやすくてイライラ。
 すべり落ちにくいハンガーも市販されていますが、家の中の意外なモノを使って手作りできます。引き戸や網戸などに使うすき間テープを5cmぐらいに切り、ハンガーの両肩に貼るだけ。スポンジ部分に引っかかって衣類がすべり落ちないので、衣類をしっかりかけられます。

ネックレスは押しピンにかければからまらずにすむ。

 ケースに入れるとからまりやすいネックレスやペンダント収納は引っかければ解決します。
 コルクボードを用意し、つまみの形をした押しピンを刺してかければ、選びゃすく、使うときもからみ合いません。あまり使わなくなってしまったモノは端のほうに何本かまとめておき、よく使うモノは1本ずつかけると使いやすさ倍増です。

出がけにスカーフを選びやすくする段ボール収納。

 素材が柔らかく、たたむとシワになりやすいスカーフは案外収納しにくい小物です。ハンガーに下げたり、引き出しにしまうのが一般的ですが、ツルツルの素材のものだとハンガーからすべり落ちて厄介。それに、出がけにたたみジワに気づくとイヤですよね。
 オススメしたい方法は、段ボールを使った収納です。段ボール板をスカーフの間に1枚ずつはさみながら重ねます。段ボールに持ち手をつければ取り出しもスムーズです。  ジャマにならない大きさで、たたみジワも気にならず、お役立ち の収納コーナーになります。

クローゼツトに適した引き出しケースのサイズとは。

 収納スペース有効活用のカギは、高さを分割し、奥行きを引き出すことです。
 収納ケースは重ねれば棚として高さを分割でき、引き出しは奥のモノを収り出しやすくできる1粒で2度おいしい収納アイテム。クローゼット用の引き出しケースの奥行きは55cm前後で、クローゼットの奥行き60cmが基準になつています。高さは薄型18cm、中型23cm、探型30cmが基本です幅はメーカーによっても違いますが、30〜40cm前後が一般的、クローゼット用の引き川しケースは、引き出しが扉にぶつからないサイズを選びます。
 ピッタリのサイズを選んだつもりでも、折り戸タイプのクローゼットの扉の折れた部分に引き出しがぶつかって、開かない場合があるので要注意です。

TOPに戻る前へbox22次へ