激安ショップへどうぞ
★売切れが続出中。
早めのご予約、お勧めします!

お勧め家具市場の新製品
家具市場
アウトレット激安お買得品
アウトレット
リサイクルお宝家具発見
リサイクル
TOPに戻る家具やクローゼットの整理クローゼットへの衣類収納収納スペースにする発想

クローゼットに衣類の一時置き場を作って脱ぎっぱなし防止。

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】

 脱いだカーディガンなどをソファに置き、結局何日もそのままになったりしていませんか?
 クローゼットの中に一時置き用のカゴを用意すれば、脱いだらココにバサッと入れるだけです。アイロンがけ前のシャツを入れておくのにもマル。クローゼットなどのドアに引っかける市販のフックを利用してもOK。とくにドア用フックは、湿気を飛ばしてからしまいたいジャケットやコートの一時置き場に最適です。

重ねずに立てる衣類収納は見やすく出しやすい。

 クローゼットで引き出しケースを使う場合、たたんだ衣服を重ねて収納すると、下の衣類が取り出しにくく、ムリに出したら全部グチヤグチヤになることも。でも立てて収納すれば引き出しを開けた瞬間、色や柄がすぐにわかり取り出しやすくなります。衣類が減ると倒れやすいので、ブックエンドを使って押さえれば仕切りになります。立てる収納は手間がかかるので、小まめな人向きです。

衣類は収納スペースに合わせてたたむ。

 衣類のたたみかたの好みは人それぞれ。乾いた洗濯物をたたむとき、自分なりのたたみやすい方法が身についていればスピードアップできます。
 しかし、収納効率の悪いたたみかたが身についていると、限られた収納スペースを有効に活用できず、しまいたい量が人りきらなくなってしまうことがあります。効率のよいたたみかたを憶えておけば、スペースを最大限に活かしたムダのない収納が可能です。収納量を増やす「立てる収納」に合った方法をご紹介しましょう。 慣れたたたみかたを変えるのはちょっぴり面倒に思うかもしれませんが、憶えてしまえば何ということはありません。一度試してみてください。
 基本は、衣類は収納する場所、つまりクローゼット内の引き出しケースや棚などに大きさを合わせてたたむことです。しまう引き出しケースなどの幅にサイズが合うように調節しながら、見ごろや袖をたたみます。そして最後に、引き出しケー スの探さに合うように折りたためばOKです。

お揃いの下着はセットにしてたたむ。

 ブラジャー+ショーツの2点セット、ブラジャー+ショーツ+キャミソールの3点セットなど、セットで揃えたおしゃれな下着は、別の下着と組み合わせることはあまりないはず。でも身につけようと思ったときに、「あれ? これとお揃いのショーツはどこだっけ?」と探すことはありませんか?
 ブラジャーはブラジャー、ショーツはショーツというように下着は種類別に収納することが多いのですが、こうしたお揃いのモノについてはセットにしてたたんで引き出しの中などに一緒にしまっておけば、片方だけが迷子になったりしません。

クローゼツトの下のスペースを利用してパックの収納。

 頻繁に使うバッグは、リビングなどに置きっぱなしになってしまいがちです。出かけるときにサッと持って行けるとはいえ、これではやはり”出しっぱなし感”が漂ってしまうので、出し入れしやすい定位置を決めて、必ずそこに置く習慣をつけるようにします。
 着替えのときに戻しやすいクローゼット内に、バッグの定位置を作りましょう。丈の長い衣類の下が空いていませんか? その下にカゴを置けばバッグ置き場のでき上がり。バッグの数やサイズに合ったカゴを用意しましょう。丸い形だとバッ グの収まりが悪くなるし、高さがあると出し入れしにくくなります。カゴの形やサイズは、定位置に戻しやすくする上でも大切なポイントです。

大きなパックの中にあまり使わないパックをしまう。

 出番の少ないバッグをスッキリ片づけるには、大きなバッグの中に小さなバッグを入れる収納がマル。
 大きさ順にバッグを重ねる「入れ子収納」は、大きなバッグ一つ分しか場所を取らず省スペースですが、たまに使うとき、重ねた間のバッグが取り出しにくいのがネック。大きなバッグに小さなバッグを「並べ入れ」すればラクに取り出せます。

TOPに戻る前へbox21次へ