激安ショップへどうぞ
★売切れが続出中。
早めのご予約、お勧めします!

お勧め家具市場の新製品
家具市場
アウトレット激安お買得品
アウトレット
リサイクルお宝家具発見
リサイクル
TOPに戻るお部屋の片づけや整理捨てる・保存・収納片づけは捨てることから

「一日一個」捨てるモノを見つけましょう。

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】
≫お部屋片づけブログ≫激安家具でお部屋の整理整頓紹介します

 私たちの身のまわりのモノには、「IN・STOCK・OUT」という流れがあります。「IN」は買う、「STOCK」は保存する、「OUT」は捨てることを指しており、モノには必ず、外から持ち込んだら保存・収納し、消費・処分するという法則 があるということです。
 家や家具の中がスッキリ片づいている人は、「IN・STOCK・OUT」のそれぞれの量のバランスがよく、一連の流れがスムーズだといえます。モノを捨てられない人の多くは「IN」が多すぎて、「OUT」が少ない。だから「STOCK」がふくらむ。つまりモノが増えすぎてしまうというわけです。
 モノを捨てればいいのはわかっている、でも捨てるのは苦手という人はたくさんいるはずです。では、ラクにモノを捨てられる方法があるとしたらいかがでしょう。 ちょつとやってみたいと思いませんか?。
 やりかたはカンタンです。「いらないモノを1日1個捨てる」。たったこれだけでいいのです。
 家や家具の中を見渡してみれば、いらないモノというのは案外すぐに見つかります。読んでしまった雑誌、さんざん使って飽きてしまったアクセサリー、過ぎてしまったバーゲンのお知らせのDM、もう見ないビデオテープ、いつか使うと思って取っておいたけれど結局使っていないショップの紙袋。 冷蔵庫を開ければ賞味期限が切れたジャムや調味料……。捨てるモノは何でもかまいません。捨てようと思って捨てそびれてい たモノを思い出して、それを捨てるようにしてもいいでしょう。
 また、こんな方法も試してみると捨てやすくなるかもしれません。クローゼットのバーに「着ていない服」のコーナーを作るのです。あまり着なくなつた服はそこへ移動。着るたびにハンガーに輪ゴムをかけておけば、着た回数(使用頻度)が具体的にわかります。あとは輪ゴムの数が少ない服から処分すればいいだけです。
 捨てかたはどのような方法でもかまいません。1日1個捨てることだけを実行すればOK。これなら今日からすぐできそうです。この「1日1個捨てる作戦」を1カ月続ければ30個、1年では365個のモノが家の中からなくなります。実際は捨ててい るうちにはずみがついて、もっと多くのモノを捨てられるようになります。
 この方法のいいところは、毎日少しずつ実行していくうちに、いらないモノを捨てることが習慣になつていく点です。捨てる習慣がつけば、家の中は驚くほどスッキリします。今までは「IN」、買ってくることにしか向いていなかったアンテナが、「OUT」、捨てることにムリなく向けられるようになるわけですから、当然、「STOCK」、イコール家の中のモノが厳選されます。そしてモノが少なくなることによって片づけや整理のハードルはグンと下がるのです。ぜひ試してみてくださいね。

迷ったら、「とりあえずBOX」にまとめておく。

 ここまで、捨てかたについて具体的な方法をお話ししてきました。ところが、「よ−し、いらないモノをどんどん捨てるぞ!」と意気込んだのはいいけれど、いざ捨てようとすると迷ってしまったという経験のある人は多いのではないでしょうか。
 でも、収納アドバイザーとして多くの方々のご相談にお答えしてきた経験上、モノを目の前にして必要か不要かの判断をするとき、個人差はありますが「いるモノ」は所有する品全体の約半分で、「いらないモノ」は4分の1なのです。つまり捨てるかどうか迷うべきモノは、全体から見たらたったの4分の1ということです。何だか少し気がラクになったように思いませんか?
 ……と言ってみても、捨てるか、捨てないか、悩ましいことには変わりないのかもしれませんね。 「捨てましょう」と再三お話ししてはきましたが、人によってモノへの思い入れはさまざまですし、捨てるかどうか迷うことが悪いわけではありません。大事なのは「い る」「いらない」を判断する際、「迷う」ことにハマりこまないことです。
 具体的な方法をご紹介しましょう。捨てるかどうか迷うモノは、たとえば机の引き出しの中のモノならビニール袋にまとめて整理し奥に入れておく、食器棚なら下段の奥に入れておく、クローゼットなら端のほうにまとめて吊るすなど、普段使うモノとは別の場所に置きます。各収納場所の端のほうを「未決エリア」と決め、そこを迷うモノの居場所とするのです。各収納場所のスペースに余裕がない場合は段ボール箱などを用意し、「未決ボックス」と名づけてほかの場所に入れておきます。
 そして日を改めてそこにある迷うモノを整理します。1年に1〜2回、定期的に中身を見直す時間を取りましょう。 迷っていたモノでも時間がたつと捨てる方向に心が動いたり、気持ちの整理がついたりして、自然に捨てる決心がつくようになります。 子どもが発表会で着た洋服やランドセルなど、使わないけれど保存したいモノがあれば、「思い出収納ボックス」と名づけた箱を用意して入れ、押し入れの天袋など、ジャマにならない場所に置きましょう。

TOPに戻る前へbox2次へ