食器棚収納の第一歩から始めましょう。

まず食器を全部出してみることが食器棚収納の第一歩

食器棚はしまいかたを考えないとゴチャゴチャになり、使いにくさや収納量のダウンにつながってしまいます。
「収納量アップ」に重点を置くなら押さえておきたい基本ポイントは「同じモノを積み重ねる」「同じ高さのモノをまとめる」です。
まず食器棚から食器をすべて出して、茶碗、お椀、お皿、小鉢、グラスなど同じ食器同士 をまとめます。
次にそれらを高さ別にグループ分けし同じ高さのグループを棚の同じ段に入れます。
それぞれのグループの高さに合わせて棚板の位置を調節していくと、収納量が大幅アップします。



食器棚の収納スペースを増やすコの字ラック活用法

スペースの都合上、違う種類のお皿を重ねざるを得ない場合、下のお皿を取り出すのに上のお皿をいちいちどけるのが、けっこうストレス。
そこで食器棚用のコの字ラックを活用すると下になったモノの出し入れがスムーズになります。
各種サイズが あり、食器に合わせて高さを選べば一段をいくつかの違う高さに分けられ、収納量を増やせます。
必要な場所に棚を増やせるので、収納スペースが広がります。

食器棚の段の高さによってしまうモノがおのずと決まる

「よく使う食器をすぐに取り出せるようにすること」に重点を置くならこんな方法も。
「よく使う」「ときどき使う」「あまり使わない」に食器を分類し、よく使う食器は自分の胸からお腹の高さの段の棚に集合させます。
毎日使う食器は手前の位置にキープ。
上段より下段の出し入れのほうがしにくいので、ときどき使う来客用のティーカップなどは上段に年に数回使うだけの行事用食器などは下段にしまいましょう。

奥の食器を取り出しやすくする「引き出し式」食器棚収納法

奥行きのある食器棚の奥のほうにしまった食器は取り出しにくくて死蔵品になってしまうこともあります。
このようなことを避けるには引き出せる収納法を取り入れてみるといいでしょう。
食器の大きさと棚の奥行きに合うプラスチック製のラックやトレイ、カゴなどを用意し、ここに食器を入れれば奥のモノもラクラク取り出すことができます。
そうめんの木箱やお盆などを活用してもOK。
食器を入れるので、ある程度強度のあるものにすると安全です。
ただし、まったく使わない食器やもう趣味に合わなくなつた食器であれば誰かに譲ることや処分することを考えたほうがいいでしょう。
食器棚のムダなスペースをなくし、確実にゆとりができます。

大皿はクッション封筒に入れて立てて収納

来客のときぐらいしか使わない大皿は置き場所に困りがち。
積み重ねてしまうとそれぞれ形や大きさが違うので収まりが悪く、いざ使おうとすると、重なった状態から目当てのモノを取り出すのはたいへんです。
そんな大皿は立てて収納するのがマル。
破損しないように気泡緩衝材の入ったクッション封筒(文具店や100円ショップで購入可能)に入れましょう。
手前になるほうの一部をカットして窓を作り中身がわかるようにしておくとひと目でどんな大皿か判別できて便利です。
しまう位置は食器棚の下段がオススメ。
クッション封筒に入れた大皿は、ブックエンドで押さえて収納すれば倒れる心配はありません。
さらに、 ずれないようにブックエンドの底面と底面に接する食器棚の床面をマジックテー プで固定すると安心です。