サニタリーをスッキリ整理のポイント

2019-06-29

サニタリーとは、トイレ、バスルーム、洗面所などの水まわり部分の総称。
それぞれ比較的小さいスペースなので意外とカンタンに片づいてしまうのが特徴です。
スッキリさせるコツは、洗剤類、石けん、シャンプー化粧品など、こまごまとしたモノの数を絞ること。
ストックも、むやみに多く持ちすぎないように気をつけましょう。
また、湿気が多く、換気をこまめにしたい場所なので詰め込みすぎない収納を心がけるといいですね。
モノを収納する際、おうちの中のほかのエリアでは役立つ段ボールや紙製の箱のたぐいが不向きな理由もやはり湿気です。
通気性がよく、ジャブジャブ丸洗いできるプラスチック製のカゴや箱などを活用しましょう。
トイレや洗面所はふいのお客さまが入る機会もあります。
日々清潔、 スッキリを心がければ自分でも気持ちよく使えますから、汚れが目についたらササッと掃除することを心がけてみましょう。



ランドリーボックスの代役にビ二-ル手さげ袋を

小さなスペースに洗濯機置き場と洗面所が一緒になっていると洗濯物を入れるランドリーボックスを置くにはちょっとキビシイ。
ならば発想の転換で、身のまわりで代わりになりそうなモノを探してみると……、ピックリなのが結婚披露宴の引き出物が
入っていた持ち手つき、厚手のビニール袋。
丈夫で大きさも十分だし、使わないときはたたんで洗濯機と壁のすき間にでも差し込んでおけばまったくスペースを取りません。
底板が厚紙の場合、ビニール袋をかぶせれば濡れたモノも入れられてさらに便利です。
また、家族が多いと洗濯物を取り込んだ後に人別に仕分けをするのにひと苦労。
こういうときも持ち手つきビニール袋が使えます。
家族の人数分用意し、取り込みながら仕分けもしてしまえばそれぞれの袋ごとにたたんでしまうだけですみます。
また、しまう場所別に仕分けする方法もあります。

物干しハンガーがからまるイライラを解消

洗濯ばさみのたくさんついた角型物干しハンガーは重ねて置いておくといざ使おうとしたとき、とにかくからまる…
力まかせにはずそうとすると洗濯ばさみが取れたりして……毎日イライラがつのります。
こんな状態を解消するキーアイテムは紙袋。
三つの物干しハンガーをしまう場合、頃合いの大きさの箱に紙袋に入れたハンガーと入れないハンガーを交互にしまうだけです。
二つの物干しハンガーをしまう場合は、ハンガーとハンガーの間に厚紙を入れるだけでも大丈夫。

入浴クツズは床に直置きせずにキレイをキープ

バスルームは、気をつけていてもすぐにヌルヌルしたりカビが発生したりしやすい場所ですよね。
そんな環境でシャンプーなどの入浴グツズを床に直置きしていると、あっという間に底がヌルヌルに。
これでは掃除が面倒なばかりか身体を清潔にするための場所なのに、衛生面で問題アリです。
バスルームに備え付けの収納スペースがない場合は市販の収納ラックを使いましょう。
ぬめりがつきやすいプラスチック製品は避けサビもつきにくく丈夫なステンレス製品をチョイス。
シャンプーなどのボトル類をスッキリ収めます。
掃除用のブラシも置いておけば、入浴中に汚れに気づいたらサッと掃除できます。
身体洗い用のタオルやアカすりタオルなどは使った後なるべく早く乾くように収納ラックのバーかバスルーム備え付けのタオルかけに。
手おけや洗面器は上がるときにお風呂のふたの上へ。

バスルーム掃除用品は”ついで&ながら掃除”できる収納を

入浴中や上がり際などはバスルームの汚れがゆるんでいるのでじつは恰好のお掃除タイムです。
バスルームには掃除用品も置いておくと便利。
とはいえ、前項でもお話ししたとおり床に直置きではカビのモト。
洗剤類はステンレス製の足つきワイヤーラックに入れて一カ所に。
掃除用ブラシはS字フックでタオルかけに引っかけると使用後に乾きやすくてグッドです。
洗剤なしで汚れを落とせるメラミンスポンジやゴミ捨て用のビニール袋も常備。
バスルーム掃除用のブーツは吸盤つきのフックを壁につけ引っかけておくと、水切れがよくヌルつきません。