洗濯機や洗面台回りのかたづけヒント

洗濯関連用品はカゴやフックで洗濯機に収納

洗剤などの置き場所に困ったら、洗濯機自体に収納できます。
強力マグネットつきのカゴを洗濯機側面につければ箱入り洗剤や部分洗い用洗剤の定位置に。
ランドリーボックスを置く場所がなければやはり洗濯機につけるタイプの市販品を。
洗濯機にマグネット式フックをつけて布製手さげ袋をかけても代用可。汚れたら洗えるので便利です。
新型の洗濯機にはマグネットのきかないタイプもあるので家にある磁石がつくかどうか試してからマグネット製品を購入しましょう。

化粧グッズ、ヘアケアグッズはグループ分けで洗面台下スツキリ

洗面台下にしまいたいグッズは細かいモノが多いのでグループ分けがポイントです。
洗顔フォームや化粧水などの化粧グッズ、シャンプーなどのヘアケアグッズ、洗面所掃除グッズ、タオルなどに分類してとりあえずビニール袋に入れるだけでスッキリします。
全種類分けるとスペース不足なら石けんや歯磨きグッズなど小さめのモノをジッパーつきビニール袋に分け、同じ袋に入れてもOK。
中身がすぐわかって便利です。
袋にマジックで中身を書くとよりわかりやすいでしょう。
たまりがちなホテルのアメニティグッズもアイテムごとに袋分けして今日から使い始めましょう。

洗面台下の扉裏にドライヤーを吊るして収納

洗面台下収納で意外と使えるのが扉裏。
粘着フックをつければドライヤーの吊るし収納ができます。
洗面台に置くと水気が心配ですがココならOK。
コードは軽くたばねてヘアゴムやマジックテープでとめて。
またウォールポケットを扉裏に画びょうでとめシャンプーや化粧品のサンプルを人れるとバラバラにならず便利。
サンプルを使い切ったら新しいモノをおろします。