玄関整理のもう一手間

履物はつま先を手前にして収納。


ゲタ箱に靴を入れるとき、似たような靴が多いときは靴の前側が見えると目当ての靴を探しやすくなります。
見やすさ優先ならつま先を前に。
また、ハイヒールが棚板の高さいっぱいで取り出すために指をかけようとしてもスペースがない場合もつま先側が手前ならスッと指を入れられるのでラクに出せます。

“ちょこっと置き場”て玄関スッキリ。


脱いだ靴をすぐにゲタ箱にしまうと、湿気やニオイが気になります。
1日ぐらい出しておいて乾燥させてからしまったほうがいいのですが玄関にただ置いておくと出しっぱなしな感じだし
つい何足も出したままということにも。
そんなときは”靴のちょこっと置きエリア”を自分でココと決めて毎日靴を脱いだらそこに置いてみては?
そしてその場所以外には靴を置かないことにします。
もっと進化させるならレンガを2~3個並べて脱いだ靴はひとまずそこに置いて。
脱いだ靴をレンガに置くときは前日置いた靴をゲタ箱にしまう決まりにします。
靴の置き場所はレンガの上だけということにすればおのずとそれ以外の場所に出しっぱなしにはしなくなるし玄関はスッキリした印象に。