玄関回りのかたづけポイント

ブーツ収納は横向きに寝かせるのがコツ。


ブーツの収納は場所を取るのが悩みのタネですね。
よく履くシーズン中は、ゲタ箱に横置きが賢い。
ブーツの上下を互い違いにして入れ、棚の奥行きを利用します。
高さが出ないので棚板の間隔は狭めにセットし直せば省スペースです。

靴箱を使って折りたたみ傘の引き出し式収納。


折りたたみ傘はゲタ箱にしまおうとすると定位置を決めづらいアイテム。
ヒモがあるため吊るしたくなりますが、適当な場所が見当たらずゲタ箱のすき間に押し込まれがちで出がけに持っていこうとしたら見つからず、あわててしまうことも。
これからは定位置を決めましょう。
いらない靴箱やケースを利用すればカンタン。
手持ちの折りたたみ傘を全部入れゲタ箱の一番下に収納するだけです。
ヒモがあると吊るすことにとらわれますが、単に箱にまとめる。
それだけで使い勝手がよくなります。

靴を重ねて収納するなら布袋に入れるといい。


収納スペース不足で靴を重ねてしまいたいけれど靴底の汚れがほかの靴についてしまいそうだし、キズも心配……。
ならば1足分の靴が横に並べて入る大きさの布製の袋に入れて重ね収納を。
ゲタ箱に並べた靴(袋は不要)の上に袋入りの靴を置きます。
たまにしか履かない靴やオフシーズンの靴同士を重ね合わせてゲタ箱の上のほうに置くようにしましょう。
袋の素材はコットンやネルなど柔らかい布に。自作してもいいし100円ショップなどで売っているコットンの巾着袋を利用しても可。
同じく100円ショップにある細かいメッシュの袋に人れるのもいいですね。
中身が一目瞭然なので、しまったまま忘れてしまう失敗がありません。