ゲタ箱の靴磨きクッズは一括収納。

靴墨や靴ブラシ、古布などの靴磨きグッズをゲタ箱の中のあちこちに置いてしまうと使いたいときに見つからなくて不便ですね。
使い勝手をよくするためにも、カゴや空き箱に全部まとめて入れておきましょう。
100円ショップで売っている仕切りつきのプラスチックカゴを使うのも、必要なモノがサッと取り出せて便利です。
靴を磨く前にカゴや空き箱ごとサッと取り出し磨き終わったら全部まとめてまたサッと戻すだけ。
作業効率アップです。

スリッパはカゴにひとまとめで

来客用のスリッパは、お客さまが頻繁にみえるわけでないのならいつも玄関に置いておく必要はありません。
紙袋にまとめてクローゼットや押し入れに入れておいて必要なときだけ出してくればOK。
場所とモノを関連づけて考えると、必要ないモノを置いてスペースのムダ遣いをしてしまうことも。
収納はむしろ、「これはここになくてもいいんじゃないか」と考えることでうまくいくことがよくあるのです。
では、家族のスリッパの場合はどうでしょう。
脱ぎ散らかしたスリッパのせいで玄関が乱雑に見えてしまうことがありますね。
そこで、玄関に手頃な大きさのカゴを置いて脱いだら中に入れる習慣にしてはいかがでしょう。
スリッパラックを使ってもいいのですが用途が一つに限られ使い回せません。
スリッパ入れ以外にも、ほかの収納などに使えるカゴのほうが重宝です。
また、ゲタ箱の扉裏にタオルハンガーを取り付けてそこにスリッパを収納する方法もあります。
扉を閉めてしまえばスリッパの存在感はゼロ。
玄関がスッキリすること請け合いです。