ゲタ箱収納は中身を分かりやすくしよう。

ゲタ箱収納の基本は靴箱から出してしまうことですが、めったに履かないフォーマル用のパンプスやパーティー用の靴なら箱に入れておいてもいいでしょう。
ただ、履く機会の少ない靴は見えにくく取り出しにくい位置に置くことが多いので、箱の中身がわからなくなりがち。
収納時に靴の写真を撮ったりイラストを描いたりして箱に貼っておくと、中身がひと目でわかって便利です。
クローゼットに移動してもOK。

靴箱は前面を切り取ればひと目で中身がわかる。

あまり履かない靴は、ホコリよけにもなり重ねられる靴箱に入れておきたくなります。
しかしたまに履こうとしたとき、目当ての靴が見つけにくく出し入れも不便。
そこで、靴箱に靴を入れたままでも、ひと目で中身がわかる箱の加工法をご紹介します。
といっても、靴箱の側面の小さい面を一面切り取って「窓」を作るだけ。
その上からふたをかぶせれば中身も見え箱が重なっていても簡単に取り出せます。

ゲタ箱の収納量をアップする手作り便利グッズ。

靴収納用の市販グツズを使えば簡単に収納力がアップ。
2足を互い違いに重ねるグツズなら下段にあまり履かない靴上段によく履く靴を、シューキーバー型で1足を互い違いにしまうグッズもあります。
こういう便利グッズは手作りもできますよ。
男性用の少し大きめの靴箱の本体両脇を斜めにカットし下の部分を裏返した上に靴箱のふたを裏返したものを両面テープでベタリで完成! 
2足重ねて収納できます。