ゲタ箱内に傘の収納スペースを作ろう。

玄関のたたきが狭いと、傘立てを置きたくてもスペースに困りますね。
レンガを置いて濡れた傘を置き、水分をレンガに吸収させる手もありますが、雨でない日の傘収納には不向き。
ではゲタ箱の中にしまえないでしょうか。
傘の取っ手をかけられるバーのついたゲタ箱もありますが、縦長の空間だけが設けてあるゲタ箱も多いもの。
この場合、傘を何本か入れておくと、使いたいモノを引き出すときバタバタとほかの傘が倒れてきたりしてイライラしてしまいます。
ならば、傘をかけるバーを自分で設置してみましょう。
やりかたはカンタンです。
タオルハンガーを用意して、縦長の空間の側面に取り付けるだけ。
S字フックをプラスすれば折りたたみ傘もかけておけます。

靴やゲタ箱のニオイ問題はコーヒーで解決。

できるだけ扉を開けたままにして風を入れたり、一度履いた靴は脱いですぐしまわずに汗など湿気がとれるまで外に出しておいてからしまうなどの策を講じていても靴やゲタ箱のイヤなニオイが気になることがあります。
市販の消臭剤や芳香剤を使うのもいいのですが身近なモノでも代用できます。
コーヒーを淹れた後のかすを乾かしてお茶パックに少量入れそれを靴の中に入れると消臭効果があります。
ゲタ箱に同じものを入れても効果アリ。
また、炭を野菜などの入っていたネット袋に入れてゲタ箱に置くのも消臭に効果的。
ほか、ゲタ箱内の靴に、お菓子や海苔と一緒に入っていた乾燥剤を入れると、乾燥した状態がキープでき、ニオイを防げます。