文房具は「まとめて収納」「分散収納」で考える。

リビングに筆記用具やはさみなどを、まとめて収納するスペースを作ると便利です。
ペン立てやマグカップにまとめてもチューブ入り調味料の箱で仕切った引き出しに一括収納してもOK。
また、このような「まとめて収納」以外に「分散収納」という方 法も。
ペン類は、電話でメモをとる、玄関で荷物や郵便物の受け取りサインをする、テレビのそばでビデオのラベル記入をするなどいろいろな場所で必要なので、その都度取りに行かずにすむようそれぞれの場所に置くと便利です。

リビングで”出しっぱなし感”の強いモノは置き場所を作る。

テレビやエアコン、DVDレコーダーなどのリモコンがリビングのあちこちに置かれていると見つけにくいばかりか散らかった印象に。
小さめのカゴを定位置として、ひとまとめにしましょう。
毎日のむ薬、食べかけのお菓子などもテーブルの上に直に置いておくと出しっぱなしな感じがするので
薬はトレイにまとめ、お菓子はクリップでとめるなどしてふたつきのカゴに入れるときちんと片づいて見えます。