急な来客時は先ずリビングの片づけから。

突然お客さまがみえることになったとき、頭はパニック!
「この散らかった家の片づけ、いったいどこから手をつければいいの!?‥」
・・・落ち着いて。ちゃんと正解があります。
ポイントは相手の滞在時間の長いところを重点的に片づけること。
長くいる場所ほどアラが目につくからです。
ということで最初に片づけるべきはリビング。次にトイレと洗面所。
ここは滞在時間こそ短いけれど一人で周囲を見回す空間だし汚れがあるとマイナス印象だからです。
家の顔といわれる玄関は一瞬通過するだけなので後回しに。
靴を揃えてゴミを拾う だけでもOKです。

「広い場所」「大きなモノ」から片づければリビングスッキリ。

リビングは広さのある空間。
片づけるときまずどの場所から始めればいいのでしょうか。
実はこれにもコツがあります。手早くキレイな印象にしたいなら
面積の広い場所から片づけましょう。
面積の広い場所が片づいていると部屋全体がスッキリして見えるのでリビングは①床、②ソファ、④テーブルの上、④テレビという順番で取りかかるといいでしょう。
放らかったモノの片づけも同様に、大きなモノから片づけるのがコツ。
例を挙げると、脱ぎっぱな しの衣類や読みかけの新聞、雑誌は最初に、DMなどの郵便物やリモコンなど小さいモノは大モノが終わってからにします。
小さいモノの片づけは労力の割に見た目に反映されにくいので大モノから手をつけたほうがやる気を維持しながら片づけられます。