カーテンの裏をシートモップの定位置にする。

便利な掃除グッズもすぐに使えないと役に立ちません。
部屋をキレイにするモノは、汚れに気づいたらすぐ手の届くところにあることがポイント。
じつはカーテンの後ろが掃除用品収納に使えます。
シートモップのヘッドはティッシュ箱の側面を開いたホルダーに入れるとピッタリ収まります。
カーテンの後ろの壁に住宅用両面 テープで固定すれば倒れません。
取り替え用シートなど小さめのモノもティッシュ箱にまとめると汚れが気になったときサッと引き出して使えます。
シートは何枚か重ねてモップに装着しておくと取り替えのとき、便利です。
</4>家電取扱説明書はまとめて一カ所に。

家電の取扱説明書は、使い慣れるまでその家電の近くに置いておくのがマル。
その後は頻繁に見なくても、急に必要になる場合が多いのでまとめて一カ所に置きましょう。
A4サイズに収まる取扱説明書が多いのでA4縦型のファイルボックスがオススメ。
ページの多いものは保証書をセロハンテープなどでとめそのまま入れます。
薄いものは保証書と一緒にA4サイズのクリアポケットに入れてボックスヘ。
家電を 処分するときは取扱説明書と保証書も処分します。
ぜひ実行してくださいね。