服の丈を揃えて新たな収納空間を。

クローゼットは高さのある空間なので吊るした洋服の下も有効な収納スペースにすることができます。
ただ、丈の長い服と短い服が交ざった状態で吊るしてあると秋きスペースは一番丈の長い服の下部分だけになりこれでは下の空間がムダになってしまいます。
「ワンピース・コート→パンツ→ジャケット→ブラウス・シャツ・スカー ト」といったように洋服の丈を揃えて出せば、とくに短い丈の服の下には人きめの収納スペースが出現するので引き出しケースやラックを置くなどすれば服やバッグをある程度まとまった量、収納できます。
丈を揃えた状態を維持するには、長さごとにハンガーの色や素材を変えれば一目瞭然ですが服の種別の境い目部分のバーに洗濯ばさみやリボンで目印をつけるのもカンタンな方法です。

ジャケットやコートをたためば吊るすスペース増。

クローゼットの吊るすスペースには限りがあるので洋服がかかりきらず困ることがありますね。
服はたたむよりも吊るしたほうが見やすくて取り出しやすいのですがスペースが足りないなら発想の転換をしましょう。
オフシーズンのコートや普段あまり着ないジャケットをハンガーパイプからはずして、たたんで収納するのです。
そうすればその分が空きスペースになるというわけです。
コートやジャケットは吊るしておくモノという固定観念を捨てればクローゼットの収納は断然ラクになりますよ。