玄関風水に鏡や照明は大切な要素です。

玄関の風水の要素のひとつ、鏡は玄関の内側から玄関ドアの方に向かって立ち、左側にかけましょう。
左側は「青龍位」といって、ここに鏡をかけることで、財運がよくなる吉効果が得られます。
右側は「自虚位」といって、ここに鏡をかけていると、事故やケガに遭ったり、人からの被害を受けたりしがちです。
あなたのうちの鏡が、右側にかかっている場合は、すぐに外して左側に移しましょう。
それから、せっかく左に鏡をかけても、鏡面が汚れていると吉効果は半減しますので、ガラス用洗剤を一拭きしてピカピカに磨きましょう。
また、玄関に鏡をかけておくと、出かけるときに顔を見て、汚れやメイクのチェック、洋服の襟やボタンなどのチェックができて便利です。

玄関の照明の取替え。

玄関の照明は、必ず光度の明るいものにしてください。
家の中を陰と陽に分けたとき、玄関は「陽のエリア」です。
「陽のエリア」は、明るく、広く、開かれているのが吉です。
玄関が暗く、狭く、入りにくいのは風水的にもよくありません。
そのまま放置しておくと、次第に金運が衰退して、よからぬ客が訪れたりするようになります。
もしも、玄関に外からの光が入らず、暗く湿って、陰気な雰囲気のする場合は、光度の暗い古いタイプの照明器具から、明るい照明器具につけ換えることをお勧めします。
また、玄関に、スポットライトや間接照明を取りつけるのは大吉です。