ハンガーから薄手の服がすべり落ちない工夫。

素材がテロテロしたシルクのブラウスや薄手のカーディガン、襟ぐりの大きなトップスはハンガーからすべり落ちやすくてイライラ。
すべり落ちにくいハンガーも市販されていますが、家の中の意外なモノを使って手作りできます。
引き戸や網戸などに使うすき間テープを5cmぐらいに切り、ハンガーの両肩に貼るだけ。スポンジ部分に引っかかって衣類がすべり落ちないので、衣類をしっかりかけられます。

ネックレスは押しピンにかければからまらずにすむ。

ケースに入れるとからまりやすいネックレスやペンダント収納は引っかければ解決します。
コルクボードを用意し、つまみの形をした押しピンを刺してかければ、選びゃすく、使うときもからみ合いません。
あまり使わなくなってしまったモノは端のほうに何本かまとめておき、よく使うモノは1本ずつかけると使いやすさ倍増です。

出がけにスカーフを選びやすくする段ボール収納。

素材が柔らかく、たたむとシワになりやすいスカーフは案外収納しにくい小物です。ハンガーに下げたり、引き出しにしまうのが一般的ですが、ツルツルの素材のものだとハンガーからすべり落ちて厄介。それに、出がけにたたみジワに気づくとイヤですよね。
オススメしたい方法は、段ボールを使った収納です。
段ボール板をスカーフの間に1枚ずつはさみながら重ねます。
段ボールに持ち手をつければ取り出しもスムーズです。
ジャマにならない大きさで、たたみジワも気にならず、お役立ちの収納コーナーになります。