衣類の引き出し収納の極意とは?

2018-10-19

「小さいモノは上、大きいモノは下」

大中小のサイズを積み重ねて使う引き出し収納は小さい(浅い)ケースを上、大きい(深い)ケースを下にして重ねます。
上段の浅いケースにはゴチャつきやすくまめに整理したい下着や靴下などの小さなモノを人れます。
腰をかがめずにすむので便利。
逆に下段の深いケースには、整理しやすいトレーナーやズボンなど場所を収るモノを。
引き出しの高さもあるので少々かがむだけで取り出せます。

ティッシュの空き箱で引き出しを仕切ると便利。

引き出しケースに下着や靴下など細かいモノをしまうと いつしかゴチャゴチャになってしまわない予防策を講じましょう。
用意するのはティッシュの空き箱です。
それほど厚い紙でできてはいないので ふたをカットして内側に折り込み、ガムテープなどでとめて
フチを補強しましょう。
それを引き出しの大きさに合わせて好きな個数入れるだけで「仕切り」は完成。快適に収納できます。
ティッシュの空き箱活用は使い勝手もさることながら どこの家でもあるモノなので「仕切る」ために特別何かを買ってきたりしなくていいのがメリットです。