客用布団をコンパクトにしまうコツ。

普段は使わない来客用やオフシーズンのかけ布団が、出し入れしやすい押し入れの上段手前でスペースをとっていませんか?
便利な位置を占拠させておくのはもったいないので、天袋や押し入れの奥の位置に収納しましょう。
毎日の布団の出し入れもグンとしやすくなりますよ。
しまいかたは、収納したいスペースに合わせてコンパクトにたたむのが基本です。
たたんだらヒモなどで縛って形を整えます。
古ストッキングは伸縮性があって縛りやすいのでヒモの代わりに使うこともできます。
また、布団庄縮袋を使ってもコンパクトに収納できます。
約3分の1の厚みにまで圧縮でき、とてもスリムになります。
ただし、布団の材質によっては使えません。
綿、 羊毛、ポリエステル綿はOKですが、羽毛布団は使用できない場合が多いため要注意です。
ふとん
圧縮した布団を使うときは、すぐ使えるタイプもありますが袋から出すだけでなく、天日干ししたり布団乾燥機で乾燥させたりしてふっくらさせましょう。