収納ケースでベッド下を有効活用。

2018-10-15

ベッド下の空間を活かして収納するには市販のベッド下用収納ケースを利用するのがオススメ。
何を収納するかによって、適したケースの形状が違います。
日常使いのパジャマやシーツなど、頻繁に出し入れするモノを入れる場合は、引出しタイプが便利です。奥にはオフシーズンのモノを入れて、季節ごとに前後を入れ替えます。
オフシーズンのタオルケットや肌がけなど、季節が来るまで収り出す必要のないモノは、ふた式のケースでOK。

ふたは両開きタイプと、両開きでないタイプがあります。
季節の途中、寒暖に応じて出し入れすることがあるなら両開きにしておくと、開閉がラクに。
ベッドの下は湿気がこもるので、ときどきケースを引き出して風を入れることも大切。
キャスターつきのタイプを選んだり、家具の移動をスムーズにするすべり材や、敷居用すべり材を収納ケースの底に貼っておくと力いらずで便利です。