リビングルームの方位で工夫する。

2018-11-06

リビングルームは、大きくて、広いのが理想的です。
風水的には、日当たりのよい、東、東南、南、西南の方位、陽の気に満ちたところにあるのが吉です。
ただし、日中、陽射しが強く入り込み、リビングが暑くなりすぎる場合は、口論が多くなり、何かと出費が嵩むようにもなります。
この場合は、強い陽射しをカーテンやブラインドで遮り、クッションやカーテンなどのインテリアの色を、水色や白などの涼しい色に変えましょう。

明るく開放的なリビングに。

反対に、リビングが北向きだったり、陽光があまり射さない場合は、住む人は活動カが落ち、ウツウツとした暗い気持ちになったりしがちです。
この場合は、照明は光度の明るいものを選び、シャンデリアをつけるなど、リビングルーム内を明るくします。そして、テーブルや椅子は、パイン材なビ明るい色調の木材を使った家具に統一します。
たとえば、南欧風などの明るい光と鮮やかな色に満ちた演出をして、リビングを開放的な雰囲気にします。

ソファに「財気位」を集めましょう。

家具を替えられない場合は、ソファカバーを明るい色調のものにして、クッションの色をピンクやオレンジなどの暖かい色にしましょう。また、そぐわない色の家具は処分するか、別の部屋に移すのもよいでしょう。
風水を工夫すれば、家人は活動的になり、陽気な気分に変わるはずです。

ソファカバーの工夫や家具の選択。

リビングルームは、家族が集う団欒の場であり、くつろぐ場所です。
また、ソファは、ゆったりとした気分で腰を掛け、テレビやオーディオを楽しんだりする娯楽の場所でもあります。
ソファの位置は、部屋の気の集まる「財気位」に置くのがベストです。
「財気位」とは、部屋の入り口の対角線にあたる場所で、入り口から入ってきた気がここに集まるのです。
財気位にソファを置いてあれば、そこに座っているだけで、エネルギーが自然に充電されます。
毎日の生活に痺れを感じる人は、ソファを財気位に移動させましょう。
※財気位=部屋の入り口の対角線にあたる場所